明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと
人類の脳のOSをバージョンアップさせよう !
HOME 総アクセス数 96876


徳永真亜基・東京

この人にメールを送る
人気blogランキング
BSETブログランキング
にほんブログ村

大転換期の予感と事実の追求
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
行動方針5 新理論の構築をどう進めてゆくか
専門家集団と事実
現状の経済システムに問題あり
自らの人生をどう生きるか?何かに責任を転嫁しながら生きても充足しない

分身主義を提起します(1)

岡田淳三郎さん。新理論はすでに登場しています@

本当の科学の視点で事実を共認しない限り、世界は一つになれない@

人類はフライパンの中のチャーハンをいつまで混ぜ続けるのでしょうか?@

それでもあなたは”事実”から目をそむけますか!?@



世界平和への扉(分身主義への誘い)
「にほん民族解放戦線^o^」
家庭を聖域にしてはいけない
共同体の時代
生物史から、自然の摂理を読み解く
自然の摂理から環境を考える
新しい「農」のかたち
共同体志向の企業たち
金貸しは、国家を相手に金を貸す
縄文と古代文明を探求しよう!

 明るい未来のために(9)‥‥分身主義の方法論(人間中心の科学の過ち)

パソコンは時代に合わせてバージョンアップさせるというのに
人類の脳のOSは相変わらず旧式のままです。
科学時代に合わせてバージョンアップさせましょう!
そうすれば、世界はガラリと明るく美しい色に塗り替わります。
撮影:徳永真亜基(ストリートチルドレンの暮らす施設にて‥ベトナム)




今日までのブログをいったんまとめてみます。

この宇宙はビッグバンに始まり、約140億年間、「実体」と、その実体同士が作用し合うことで見せる現象だけの世界でした。つまり、人間が意識する向こう側の世界ということです。まだ人間が生まれていなかったので当たり前の話です。
ちなみに、どこまでが「実体」でどこからが「現象」かという問題ですが、それは元素と原子の関係のようなものだと理解していただければいいと思います。元素と原子は同じものなのですが、質的概念で捉えたものが元素であり、量的概念で捉えると原子と呼ばれるように、「実体」と「現象」も、その時着目している視点によってどちらかに決定される概念だと私は考えていて、その意味でこの言葉を使っています。例えば、人間の体内のタンパク質は「実体」ですが、それは、DNAを構成する四つの塩基のうちの三つの組み合わせによって作られる「現象」であるという見方もできます。同じように、我々の身体は「実体」ですが、タンパク質という「実体」が作用し合って見せている一時的な「現象」であるという見方もできるわけです。
だから究極の「物質」はそれ以上分割できないとされる「素粒子」だけであって、それ以外は全て「現象」であるという言い方もできます。

「この宇宙は、素粒子たちが、ビッグバンの最初の一突きの時に作られたシナリオ(自然界の法則)に基づいて演じさせられている劇場である」でしたね。

ここまではいいですよね。

さて、この140億年を1年に縮めるとすると、年も変わろうとするわずか数秒前くらいに人類の脳に「幻想」が生まれました。幻想(認識、連想、想像、思考、感情、意思(意志)‥‥などのあらゆる精神活動)は、動物の中で言葉を使用するようになった人類の脳だけに浮かび上がるものです。「幻想」と言っても、実体同士が作用し合うことで見せる現象の一つに過ぎないのですが、言葉を使用する人間の脳は、体内に張り巡らされている神経系と連動して「自分(=自我)」という錯覚を持つことになります。それによって、自然界に背を向けて独り歩きを始めてしまうわけです。言葉を使用する前の、まだ本能的な自我しか持っていなかった頃の人類は、他の動物たちと同じで「自然そのもの」であり、それを私は自然界と地続きと形容しています。

元々この自然界に140億年という十分な準備期間をおいて産み落とされてきた人類ですが、産み落とされた途端に独り歩きを始めてしまい、今では自然界からはぐれて迷子になってしまっている状態です。そんな我々が、もう一度自然界とつながるためにはもはや言葉を持ってするしかありません。それが科学だということです。人間の「幻想」を排除して自然界とつながることができる謙虚な学問は、科学をおいて他にありません。

科学者はそのつど頭をもたげてくる自分の幻想と、まるで修行僧のように格闘をしながら、血のにじむような努力で何度も何度も実験や観察や観測を繰り返し、自然界に何度もお伺いを立てながら歩んで来ました。ところが、最後の最後で科学者は自分の幻想(思い込み、感情、思想、主観など)が顔を出してしまい、ほとんどの科学者がとんでもない結論を導き出してしまっています。

ここまでが前回までのまとめです。

ではどんな間違った結論を導き出しているかと言うと‥‥。

ちょっとクイズ形式で6問出題してみますので、考えてみて下さい。
設問は、「次に挙げた文章は、科学者と言われる方たちの解釈ですが、これらの解釈は、自然界中心の謙虚な科学を実践したものと言えるでしょうか?」というものです。


1.カレハカマキリは、自分の体の色や形や動きを枯葉そっくりに似せているが、それは敵の捕食から身を守り、獲物の捕獲を有利にするための戦略である。

2.オーストラリアのハンマーオーキッドという花は、「雌バチ」そっくりに擬態した唇弁(しんべん)を持ち、それに飛びつく雄バチによって受粉を成功させる。これは種子植物が確実に受粉し、安定して子孫を残せるように工夫した結果である。

3.そもそも宇宙は知的生命(=人間)を生むようにデザインされていた。もし人間によって観測してもらわなければ、宇宙はその存在を誰にも認知されないで終わることになり、それでは宇宙の存在意義もないことになってしまうからである。

4.生命発生の確率は、100万ドルの宝くじが100万回連続して当たったような信じられない幸運が重なった結果だ。あるいは生命発生の確率は、腕時計をバラバラにして箱の中に入れ、それを振っているうちに腕時計が完成するくらいの確率である。

5.免疫系は、自己と非自己を区別して「わたし」の体を危険な外界の攻撃から守るために存在している。

6.医学は誰もが認めるれっきとした科学であり、我々医学者とは病気の原因と治療法を研究する科学者のことである。


どれもどこかで耳にしたような解釈ではないでしょうか!?  このような解釈が巷にあふれかえっています。どうでしょうか? 取り立てて間違いを指摘するような部分はないように感じてしまいますか? だとしたらあなたは人の話を信じやすく騙されやすい人かもしれません。でも無理もありません。科学者という権威を持った方たちの口から語られる言葉は、我々は鵜呑みにしてしまいやすいのも事実ですから。
さて、答えは、どれも「自然界中心の謙虚な科学を実践したものとは言えない」です。詳しい解説は、短い動画を作りましたので、そちらで見ていただきたいと思います。(つづくリンク
 
3/21 7:23 │ コメント(0) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/akarui-mirai_18948


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 



 

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

明るい未来のために(1)‥‥明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと。
明るい未来のために(2)‥‥人類の脳のOSをバージョンアップさせるために必要な最初の数人。
明るい未来のために(3)‥‥ずいぶんと、回り道をしてきました。
明るい未来のために(4)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 1/3 〜
明るい未来のために(5)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 2/3 〜
明るい未来のために(6)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 3/3 〜
明るい未来のために(7)‥‥分身主義の方法論(その最初の一歩)
明るい未来のために(8)‥‥分身主義の方法論(実体と幻想)
明るい未来のために(9)‥‥分身主義の方法論(人間中心の科学の過ち)
明るい未来のために(10)‥‥分身主義の方法論(見えてきたもの)
明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!?

明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!?
明るい未来のために(10)‥‥分身主義の方法論(見えてきたもの)
明るい未来のために(9)‥‥分身主義の方法論(人間中心の科学の過ち)
明るい未来のために(8)‥‥分身主義の方法論(実体と幻想)
明るい未来のために(7)‥‥分身主義の方法論(その最初の一歩)
明るい未来のために(6)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 3/3 〜

>主観を一旦エポケーしたところから入って (山澤貴志)
山澤さん、非常に有意義な意見ありがとうご (徳永真亜基)
徳永さん、こんにちは。ブログ拝読しました (山澤貴志)
>>主体と外部世界の線引きすら流動的 (山澤貴志)
> 主観−客観という概念自体に無理がある (徳永真亜基)
少し、誤読があったようで、申し訳ありませ (山澤貴志)
山澤さん、初めまして。 るいネットとい (徳永真亜基)
デカルトだけでなくフッサールの間主観性す (山澤貴志)
はじめまして、立石さん。 このブログを (徳永真亜基)
徳永さん、はじめまして☆ 私も、いつも (立石裕美)

2011年12月
2011年11月
2011年10月