明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと
人類の脳のOSをバージョンアップさせよう !
HOME 総アクセス数 88668


徳永真亜基・東京・60歳

この人にメールを送る
人気blogランキング
BSETブログランキング
にほんブログ村

大転換期の予感と事実の追求
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
行動方針5 新理論の構築をどう進めてゆくか
専門家集団と事実
現状の経済システムに問題あり

分身主義を提起します(1)

岡田淳三郎さん。新理論はすでに登場しています@

本当の科学の視点で事実を共認しない限り、世界は一つになれない@

人類はフライパンの中のチャーハンをいつまで混ぜ続けるのでしょうか?@

それでもあなたは”事実”から目をそむけますか!?@



世界平和への扉(分身主義への誘い)
「にほん民族解放戦線^o^」
家庭を聖域にしてはいけない
共同体の時代
生物史から、自然の摂理を読み解く
自然の摂理から環境を考える
新しい「農」のかたち
共同体志向の企業たち
金貸しは、国家を相手に金を貸す
縄文と古代文明を探求しよう!

 明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!?

パソコンは時代に合わせてバージョンアップさせるというのに
人類の脳のOSは相変わらず旧式のままです。
科学時代に合わせてバージョンアップさせましょう!
そうすれば、世界はガラリと明るく美しい色に塗り替わります。
←撮影:徳永真亜基(キューバにて)




明るい未来のために(1)‥‥明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと。(2011年10月3日リンク
明るい未来のために(2)‥‥人類の脳のOSをバージョンアップさせるために必要な最初の数人。(2011年10月5日リンク
明るい未来のために(3)‥‥ずいぶんと、回り道をしてきました。(2011年10月9日リンク
明るい未来のために(4)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 1/3 〜(2011年10月17日リンク
明るい未来のために(5)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 2/3 〜(2011年10月24日リンク
明るい未来のために(6)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 3/3 〜(2011年11月1日リンク
明るい未来のために(7)‥‥分身主義の方法論(その最初の一歩)(2011年11月11日リンク
明るい未来のために(8)‥‥分身主義の方法論(実体と幻想)(2011年11月19日リンク
明るい未来のために(9)‥‥分身主義の方法論(人間中心の科学の過ち)(2011年11月30日リンク
明るい未来のために(10)‥‥分身主義の方法論(見えてきたもの)(2011年12月7日リンク
明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!? (このブログ)



私は、ここるいネットに、「個人主義」に代わる概念として、「分身主義」という全く新しいパラダイムを提起するためにやってきました。(リンク
そして2011年10月3日からブログを書き続けてきましたが、ここで一旦中断します。
これからは皆さんの中に入って行って、いろいろと話し合いをさせていただこうと考えています。本当はそのための足場固めの意味でブログを作ってきたのです。私がいきなり皆さんの中に入っていろいろと常識を覆すような発言をしたところで、私の発言の背景を知っていただかなければ、上手く伝わらず誤解されるのが落ちですから。それで「私の発言の背景はこれこれです」ということをいつでも提示できるようにブログを作っておきたかったのです。

私がこれから皆さんに投げかける疑問を、どうか、真摯に受け止めて下さい。そしてこの世界を‥‥くれぐれも「この日本を」ではなくて、「この世界を」ですよ‥‥明るい未来にするために真剣に話し合っていきましょう。
ここるいネットは、回り道をしてきた私がやっと見つけた素晴らしい場所です。こんな素晴らしい場所を作り上げた先人たちの発想と努力に敬服し、感謝すると共に、それを支えてきた皆さんの真剣さにも拍手を送りたいと思います。私の探していた、世界を救済する最初の人たちは、間違いなくこのるいネットにいると確信しています。

「分身」である我々一つ一つのピースがつながっていけば、この壮大な宇宙というジグソーパズルの中で次第に姿を現してくるものこそ「全身」です。私の願いは、そのパズルを完成させたいのです。何故なら、それこそ科学が解明した「あなた」や「わたし」の真の姿だったからです。
自分の真の姿を知った人類には、もう争うための理由などどこにも見つかりません。嫉妬や恨みや怒りなどが綺麗に消えてなくなっているからです。その場所から始めるなら、何をやろうと自分たちの喜びにつながる事ばかりです。
その場所から始めた世界をイメージして書いた小説が『ブンシニズム・ドット・ネット』です。後でご紹介しますから、是非読んでみて下さい(もちろん無料です)。

このブログは一旦中断しますが、コメントや、あるいは左上の「メールを送る」から連絡をいただければ、私のパソコンのメールに届くことになっています。いただいたコメントやメールには必ず返事を書くというのが私の信条です。


さて、人類の脳のOSのバージョンアップということですが、それは、私は「大人の大人」になることだと考えています。

今の世界は「大人」の世界です。だから子どもを教育し、自分のようなちゃんとした大人に育てようとします。大人と言っても、子どもと同じでまるで何もわかってもいないし、完成されているわけでもないのに、暗黙の了解のように、自分たちを完成品とみなし合い、教育からも解放されます。大人になったら許されていることもたくさんあります。それも大人の世界だからです。
大人たちは自分が子どもだった頃を振り返り、「あの頃は、サンタクロースなんかを本気で信じていて可愛かったなあ」と微笑ましい気分になります。
これから目指さなければならない、人類の脳のOSのバージョンアップとは、その先の話で「あの頃(=大人の頃)は、錯覚の自我なんかを本気で自分だと信じていて可愛かったなあ」とか、「自分の意志で行動しているなんて本気で信じて、威張っていた可愛い時期があったなあ」と、微笑ましい気分になることです。そして「その錯覚の自分で争ったり、本当の自分を互いに傷つけ合ったりして、なんて愚かだったんだろう」と述懐することになります。

そんな「大人の大人」の人たちが作っている世界を小説にしてみました。(つづきリンク
 
4/22 23:22 │ コメント(0) │ トラックバック(0)
 
前の日記│次の日記

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/akarui-mirai_18966


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 



 

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

明るい未来のために(1)‥‥明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと。
明るい未来のために(2)‥‥人類の脳のOSをバージョンアップさせるために必要な最初の数人。
明るい未来のために(3)‥‥ずいぶんと、回り道をしてきました。
明るい未来のために(4)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 1/3 〜
明るい未来のために(5)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 2/3 〜
明るい未来のために(6)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 3/3 〜
明るい未来のために(7)‥‥分身主義の方法論(その最初の一歩)
明るい未来のために(8)‥‥分身主義の方法論(実体と幻想)
明るい未来のために(9)‥‥分身主義の方法論(人間中心の科学の過ち)
明るい未来のために(10)‥‥分身主義の方法論(見えてきたもの)
明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!?

明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!?
明るい未来のために(10)‥‥分身主義の方法論(見えてきたもの)
明るい未来のために(9)‥‥分身主義の方法論(人間中心の科学の過ち)
明るい未来のために(8)‥‥分身主義の方法論(実体と幻想)
明るい未来のために(7)‥‥分身主義の方法論(その最初の一歩)
明るい未来のために(6)‥‥科学しか今の人類を救うことはできない 〜 3/3 〜

>主観を一旦エポケーしたところから入って (山澤貴志)
山澤さん、非常に有意義な意見ありがとうご (徳永真亜基)
徳永さん、こんにちは。ブログ拝読しました (山澤貴志)
>>主体と外部世界の線引きすら流動的 (山澤貴志)
> 主観−客観という概念自体に無理がある (徳永真亜基)
少し、誤読があったようで、申し訳ありませ (山澤貴志)
山澤さん、初めまして。 るいネットとい (徳永真亜基)
デカルトだけでなくフッサールの間主観性す (山澤貴志)
はじめまして、立石さん。 このブログを (徳永真亜基)
徳永さん、はじめまして☆ 私も、いつも (立石裕美)

2011年12月
2011年11月
2011年10月