お役に立ちます☆
みんなの役に立ちたーい!
なんで屋で。会社で。学校で。とかとか。
HOME 総アクセス数 1863187


たにみつ
るい応援者
この人にメールを送る
人気blogランキング

親元収束は再閉塞を招く@
親元収束は再閉塞を招くA

私権規範・制度はガタガタなのに、保守回帰していくのはなんでだろう?

若者が目先に安住できるのは、なんで?

共認回路を再生する場としての露店

観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である

新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉


丸一浩さん 重複度 11%


なんで屋カード工房
With Harmony
なんで屋☆看板お姉さん日記
時事問題
人気ブログランキング

 役に立ちたい=供給者になりたい、かな☆

こんばんは☆
あかちゃんネタの次はお年よりネタで。。。(*^^*)

77974 高齢者の役割〜育児支援の例〜 多田奨さん
のるいネット投稿にトラックバックしちゃいました!


>・・・僕の母は60歳を越えた今でも地方自治体公認(東京都E区)のベビーシッターをしています。・・(中略)・・・

僕達は、高齢者の役割であっても「ちゃんとした資格をつくらなければ職として成り立たないor成り立たせてはならない」などと思い込んでいる節はないでしょうか?
そもそも、「役割」というものに対して「何らか特殊な技能であるべき」というように思い込んでいる節はないでしょうか?

実はそんな仰々しいものは必要ない場合が多いのではないでしょうか?

長年の経験がそのまま活かせる場は身近なところから見付かるものかもしれません。そして、それを役割として皆が共認していけば、役割・評価という活力源が多くの高齢者に芽生えていくのではないかと思います。<  


なるほどー。今ももちろん、お年よりになっても誰かの役にたっていたいと思うんです^^

自営業の人は家業の後継者を死ぬまで育成していくだろうし、定年なんかきめないよ〜っていう会社がこれからは増えていくような気もするけど、現実として定年を迎えてどうしていいかわからない人もいるねって今日知り合いの人と話していたんです。

みんなに喜んでもらえて自分達も活力でちゃうようなこと。どうしたらいいの??

介護支援とか、子育て支援とか、食事サービスの会とか、便利屋さんとか、プチ悩み相談にのってあげるとか、地域の通学路にただ立ってて見守ってる人がいるだけでも安心、とかが出てきたんですけど、一人でやるより何人かで協力してやるほうがいいな☆。・.*。..

・・・てなことを話していて気づいたのですが、本当はやることがないのではなくて、仕事をつくる(供給者になる)ことが自分にもできるんだっていう確信がないといったほうが近いのかも。(不可能視?)

自分達でこんな事業やってみない?ってやってしまえるもんなんだって意識になれば、必要とされていること、やれること、面白そうなことはたくさんある!
 
そう考えると、なんだか嬉しくなった ぶんでした☆ 

  
 
9/18 18:50 │ コメント(4) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/i-onna_1687


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

この情報を共有していただきありがとうございます。 あなたのページの記事が大好きです。 更新を続けてください、それはとても役に立ちます。

 
Posted by mapquest directions 2020年9月18日 18:50
 

I think I need to learn more, thank you for sharing

 
Posted by scribble io 2020年6月17日 13:25
 

わーい♪なんでやさんのさかもっちさん、コメントありがとうございます!

「もう年だから若いモンに任せるよ。」とか「今更、いいよ。はずかしい」っていうのは、もしかしてもっと背中を押して欲しいってことなのかなあ。。

寒〜い冬になっちゃいましたが、
さかもっちさんの熱ーい想いでお年よりも若者も、
みんなをやる気にさせてもらえそう☆

おじいさんやおばあさんには、
昔の日本はこんなだったよーっていう話をナマナマしく語ってもらう役割なんてどうでしょう (^-^)

 
Posted by ぶん 2004年12月22日 22:33
 

こんばんは。というより初めましてに近いかも知れない…。
最近、東京の大森で露店やってます。

高齢者の役割、難しいですね〜。
露店にも、おじいさんやおばあさんも良く来られて「いい事やってるね〜。」と褒めてくれるのですが、「一緒にどうですか?」と投げかけると「もう年だから若いモンに任せるよ。」とか「今更、いいよ。はずかしい」とか言って断られてしまいます。

これって、やっぱり寂しいですよね。(自分もジイさんになったら、そうなるのかな。とか思ったりして)

高齢者の人には、社会の端っこで若い人の手伝いをしているより、やっぱり社会の中心にいて頑張ってて欲しい。そういう社会でなければ、本当に余生をすごすだけに生きているみたいで、若者の活力も上がらない。

高齢の政治家だけに社会を任せるのではなく、普通の高齢者にも社会に参加できる仕組みをみんなで作っていきましょう!

 
Posted by さかもっち 2004年12月20日 21:57

 

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お引越し☆
見ることは参加すること
注視と脳
靖国参拝
勉強の動機
化学物質=人工物質

thanks (kosaha)
jika anda butuh tema (agen slot online)
baginda4d merupakan (baginda4d)
Oh, great, your arti (connect 4)
Amazing and Interest (dosti shayari)
Amazing and Interest (shayari)
bosbobet terbaik dan (bosbobet)
I am glad to see thi (fall guys)
Excellent Post. In f (mapquest driving directions)
この情報を共有していただきありがとうござ (mapquest directions)

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月