お役に立ちます☆
みんなの役に立ちたーい!
なんで屋で。会社で。学校で。とかとか。
HOME 総アクセス数 1242252


たにみつ
るい応援者
この人にメールを送る
人気blogランキング

親元収束は再閉塞を招く@
親元収束は再閉塞を招くA

私権規範・制度はガタガタなのに、保守回帰していくのはなんでだろう?

若者が目先に安住できるのは、なんで?

共認回路を再生する場としての露店

観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である

新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉


丸一浩さん 重複度 11%


なんで屋カード工房
With Harmony
なんで屋☆看板お姉さん日記
時事問題
人気ブログランキング

 友チョコ

こんばんは〜。

るいネットサロンで「恋愛って何?」って話しをみんなでしました。なかなか難しいよぉ・・・。でも、恋愛って観念がどのように成立したかっ!ってのは興味あるので、じっくり調べてみたい!って思ってます・・・(^^; 


で、で、バレンタインが間近に迫っているわけでありますが、
この時期「恋愛」ってのが年々どんどん収束力を失ってるよな〜って感じます。余計に。


最近の中高生は、
男の子にではなく、女の子同士でチョコを贈り合うようです!
称して『友チョコ!!』
 
ってニュースを今朝みたんです。

本命→義理チョコ→友チョコ
需要を如何に喚起(広める)するか?売上を維持するか?って、メーカーとか流通の戦略意識が見え隠れしますね(笑)。

だから、逆にそれだけ下火なんだなぁ・・って思うんですよね。

でも同時に、
ほぅ〜最近の子はそうなんかぁ。進んどるなぁ。ってとも感じました☆
仲間関係をワイワイ盛上げる方が、楽しそうやもんなぁ。って。

確かに私(30代)ですら、中学時代は、告白とかそういうのより、
友達と一緒に作ったり、キャーキャー言いながら過ごしたことが、
思い出(^^;として印象強いですから。正直相手の子とかあんまり覚えてないし・・・(^^;

今はもっともっと、男女引力より、共認充足が優先なんだなぁって思います。
85237

どうも「恋愛」「バレンタイン」って観念だけがバブルってる感じがしますね。
なんかズレてるって感じます。

だったら、共認充足という中身を素直に求め合える、なんでやカードを贈りあってくれるといいなぁ。
よく露店でも友達同士でやってきて、その場で贈りあうって場面を見ます(^-^)。
ありがとうって気持ちを込めるなら、尚更オススメですものね。

明日は、西宮北口のなんでやさんに出かけます(^0^)。
薦めてみよ〜♪

たにみっちー☆
 
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/i-onna_5135


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

de ses liens après leur リンク départ リンク ; – et ensuite リンク il y リンク a Raymonde et moi, qui persistons dans notre リンク idée リンク de リンク courir l’aventure. リンク L’un des deux リンク appareils restants リンク est celui リンク avec lequel リンク nous リンク sommes arrivés à Amiens, celui que Nibot est parvenu à sauver リンク et à conduire au リンク Crotoy, リンク la nuit où j’échappais リンク au リンク massacre et à l’incendie : c’est celui-là que Leduc a choisi, vu la リンク grande リンク capacité de son réservoir. Si リンク le point リンク de chute de l’obus est situé dans un rayon de 3.000 リンク kilomètres, リンク nous pourrons l’atteindre sans リンク être リンク obligés de リンク faire escale リンク et リンク de リンク chercher dans リンク quelque ville リンク une réserve d’essence épargnée par リンク l’incendie et リンク les pillards. Tout est ? paré ? リンク et nous avons à リンク bord deux mitrailleuses, リンク des revolvers, des リンク foudroyants… リンク de quoi aider リンク un peu la station civilisée リンク au リンク secours リンク de リンク laquelle nous enverra リンク le リンク cosmogramme jovien attendu リンク d’un instant リンク à l’autre.

CHAPITRE III


DU MONT-BLANC AU CAIRE

6 juillet. – リンク Quelle poésie grandiose et リンク poignante リンク émane リンク de cette リンク désolation et de リンク cette リンク solitude リンク répandues リンク sur les リンク pays au-dessus リンク desquels nous filons en リンク vitesse à bord リンク de ce rotatif qui nous リンク a déjà transportés si リンク souvent, Raymonde et moi リンク ! Rien de リンク ce リンク que nous avons vu en リンク France, en Belgique, en リンク Angleterre, リンク n’égalait le spectacle リンク d’aujourd’hui.

Voilà dix-huit リンク mois, リンク les ruines étaient toutes neuves, リンク pour ainsi dire, on sentait リンク que la リンク vie リンク normale リンク venait リンク à peine リンク de リンク s’arrêter リンク dans ces villes リンク où les リンク incendies fumaient encore, リンク où des bandes de リンク pillards s’interrompaient dans leur リンク besogne pour nous menacer de leurs armes ; dans les campagnes, c’étaient les Nuit-éternalistes リンク allumant les リンク premiers autels de リンク leur rite monstrueux, リンク c’étaient des リンク hordes ou des リンク bataillons en marche, c’étaient des cultivateurs sourds et リンク aveugles aux リンク dangers リンク inou?s et levant la tête リンク à notre リンク passage, リンク de dessus リンク le リンク champ de リンク leurs a?eux où ils tra?aient リンク les リンク suprêmes sillons リンク de l’année-sans-récolte, c’étaient les vignes carminées, les リンク prairies encore リンク vertes où paissait リンク le dernier リンク bétail リンク domestique, c’étaient des リンク coins リンク de リンク nature intacte, les forêts d’automne リンク aux feuilles jaunissantes…

Aujourd’hui, リンク c’est le リンク règne de la mort, et le monde végétal リンク lui-même, épuisé par sa リンク lutte avec リンク les rouges ténèbres, hésite リンク à リンク étendre sur les ruines amoncelées リンク le vert リンク linceul de リンク la Nature compatissante. Malgré リンク le plein été, les arbres de la route リンク se dépouillent, リンク squelettiques, pareils リンク à ceux des forêts, incendiées リンク pour la リンク plupart. リンク Les リンク champs リンク envahis par une brousse リンク malingre ; plus une リンク ferme debout, plus un animal domestique. リンク Parfois, リンク au bruit de nos hélices, リンク un リンク b?uf リンク efflanqué リンク se soulève リンク avec peine et リンク s’enfuit d’un galop リンク roide リンク à travers la campagne リンク sauvage リンク et sans cl?tures, jonchée リンク de リンク vagues squelettes sur リンク lesquels s’acharnent des bandes de corbeaux et de リンク chiens – ou リンク peut-être リンク de loups… Mais リンク c’est la solitude リンク humaine qui リンク est リンク la plus poignante ! リンク On dirait リンク que notre race リンク a déjà disparu リンク de la terre ! Pas リンク une fois リンク depuis notre リンク départ リンク du リンク Mont-Blanc, リンク pas une fois en リンク ces dix heures リンク de リンク vol nous リンク n’avons aper?u リンク un seul de リンク nos semblables リンク qui ne f?t pas リンク réduit à l’état de squelette ou au moins de リンク cadavre. リンク Aussi désertes リンク que les リンク glaciers des Alpes, les リンク plaines リンク de リンク la Lombardie リンク autrefois リンク si fertiles et peuplées リンク ! Désert, Turin リンク en リンク ruines, désert Milan, incendié lors de la grande リンク poussée anarchiste リンク ; rien que des リンク corps リンク méconnaissables dans ces rues obstruées

 
Posted by HYst000 2017年6月13日 14:51
 

 先週の露店は、いつもどおり、鯨屋さんの前で露店をすることができた。

 隣のうなぎ屋のおばさんやおねぇさん全員とかなり仲良くなったので、すっかり場になじんだ感じがします。
 また、隣の隣にある靴屋のバイトの子がリピーターとしてカードを買っていってくれ...

 
なんで屋さんで活力再生【なんで屋−驀進劇−】 2005年2月23日 16:27
 

すっごく納得です!!!

≫でね、前からやってみたかった、「自分チョコ」を買いました。あげる用のより、高いの(笑)けっこうフンパツしちゃった。
≫みんなに「自分チョコ買ってきたから食べよう♪」と言うと、「なるほど〜、『自分=みんな』チョコやね☆」って言われたの。 リンク

自分チョコ、自分へのご褒美っていうから、自分だけで抱え込んで食べてる姿を想像してた…(笑)

けど、みんなで食べよ♪って意味のチョコなのかも☆
ほんとに「言葉は“自分”実感は“みんな”」なんやなぁ〜

 
Posted by なかめぐ 2005年2月16日 13:53
 

昨日ひさしぶりに、一日お休みをいただきました。

フツウの人と同化したくて、百貨店にチョコレートを買いに行きました。
一応、人にあげる用のも買いました。選ぶのって楽しい♪
いきおいあまって、ネクタイなんかも選んでたりしましたが、さすがに買うのはやめまし...

 
「自分=みんな」チョコ☆【女は太陽♪】 2005年2月15日 1:40
 

>「ジカジュ」もすごいと聞きました。
・・・「自家需要」
自分へのご褒美。本命(?)並みにリッチなチョコを買うそう。<まりさん>

「ジカジュ」…すごい言葉が出てきたんですね〜(O_O;)

自分へのご褒美って、もっと年上のキャリア系の女の人が高いジュエリー買ったり旅行行く時の言葉だと思ってた…(笑)
今の若い子たちの“自分へのご褒美”もそんな感じなんのかなぁ??

とにかく『好きな人にチョコを贈る』って意味が急激に薄れていってるんだなぁって実感☆

そーそー。

>「調子いいよね〜」って冷ややかな人もいたけど、

これ、確かにちょっと自分でも感じてました。
みんなにチョコあげるって良くないのかな〜誰か一人だけ!ってのが誠意なのかな〜って。
これも一対規範?

 
Posted by なかめぐ 2005年2月14日 21:06
 

>仲間関係をワイワイ盛上げる方が、楽しそうやもんなぁ。

バレンタインシーズンになるといつも思い出すことがあります。
小学生だった頃、
女の子が、
大きなふくろいーっぱいにチロルチョコを入れてみんな(男女問わず)にひとつずつ配ってたんです。
「調子いいよね〜」って冷ややかな人もいたけど、
今になって考えてみると
「みんなに伝えたい!」って気持ちによる行動やったんかなあとおもってます。
告白のチャンスというより、「ありがとう」を伝える日。

「ジカジュ」もすごいと聞きました。
・・・「自家需要」
自分へのご褒美。本命(?)並みにリッチなチョコを買うそう。
これからどんどん変わってくるんでしょうね。

 
Posted by まり 2005年2月14日 3:47
 

>最近の中高生は、
男の子にではなく、女の子同士でチョコを贈り合うようです!
称して『友チョコ!!』

私が中高の頃もやってたよ〜☆
今とはちょっと感じ違うかもしれないけど…(^^;)
仲いい子同士でチョコ交換。
誕生日のプレゼントのノリだった気もするなぁ。同性の方がチェック厳しいんで、選ぶのも慎重!

でも「彼氏or好きな人」っていう“絶対条件”であげる相手を決めるのと違って、限りなくあげる相手が増えてっちゃうんですよね〜(^^;)←八方美人すぎ??

あげない子=友達じゃないよって言ってるみたいで、線引に悩んだ記憶がある!んで結局、クラス全員に一粒ずつ…みたいな感じになったり(笑)
(小学校の時の「お誕生日会」に誰を呼ぶかってのと似てるなぁ…)

とにかく、前はな〜んとなく女のこにもあげるよ〜って感じだったのが、「友チョコ」って名前がついた!
ってトコがポイントなんでしょうね♪
これも“観念で固定”ってやつかしら(・・)…?

>どうも「恋愛」「バレンタイン」って観念だけがバブルってる感じがしますね。

でもやっぱり、バレンタインはチョコ買って騒ぎたい(笑)

 
Posted by なかめぐ 2005年2月13日 1:01

 

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

お引越し☆
見ることは参加すること
注視と脳
靖国参拝
勉強の動機
化学物質=人工物質

http://www.diorsungl (123)
http://www.pandora-b (linying123)
http://www.pandora-b (linying123)
http://www.pandora-b (linying123)
http://www.adidas-cr (WWWE)
http://www.longchamp (WWWE)
<H1><a href="http:// (zzyytt)
H1+title <H1><a (zzyytt)
http://www.nikefree- (yangpeng2018.5.7)
Nhan sam la mot tron (ban n&#7845;m linh chi)

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月