なんでやシート
路上で出会った ひと・こと・もの
    〜日々の出来事の中から新しい可能性を探索中!
HOME


井上&サイコウ&いしえ
〜神戸・元町で「なんで屋」してます〜
この人にメールを送る
人気blogランキング


援助はいらない!

「アメリカ支配」が日本の「精神破壊」「肉体破壊」を生んだ

言論界の秩序再編こそるいネットに今期待されている

年金世代が当事者として生きるには?

福一事故、やっぱりメルトダウンだった…東電幹部が「隠蔽」認める



るいネット
なんで屋神戸露店ぶろぐ
なんでやRADIO
過去と未来の間

 必要なのは「ハイテク機器」より「社会的役割」

◆高齢者の暮らし助けるハイテク機器 米で展示会(CNN:リンク

ハイテク機器の高度化は高齢者の生活を助けることができるのだと思う。しかし、ハイテク機器に囲まれれ一人で生活するのを誰が望んでいるのだろうか。

ハイテク機器といっても、まわりに一緒に生活する人がいればそれ以上のことをしてくれるだろうし、なによりもその方が心強いし楽しいだろう。

個人主義の国:アメリカらしい発想ともいえるが、日本の「福祉」や「高齢者対策」の実情を見ると日本も同じ道をたどっているのではないかと思う。

「福祉」「介護」で語られる高齢者は、全てを一人でやらなければならない孤独な存在として位置づけられる。誰もがそんな将来に不安を持っている。

しかし、そのような高齢者が登場したのはごく最近のこと。村落共同体や地域共同体が機能していていた時代は、高齢者がひとりで生活することもなかっただろうし、年をとっても働き続け元気だっただろう。そのときは、「介護」も「福祉」も必要なかったはず。

現在の高齢者問題は、それまでの共同体を見捨て、都会で出て「個人」「自分」に収束し、根無し草になることを望んだ人々が、自ら招いたものではないだろうか。

「個人」いうフレームで考えている限り、いくら高齢者を支援する制度や機器を作っても、将来に対する不安は消えることはないのだと思う。

今、考えるべきは、社会との繋がりの再生ではないだろうか。キーワードは『自分からみんなへ』。高齢者が社会の期待(みんなの期待)に応え、社会的な役割を担っていく。

子供や地域の安全が求められている昨今、時間的な余裕のある高齢者こそ、その期待に応える役割があるようではないかと思う。

 ★よろしければ、応援よろしく!
   ⇒人気ブログランキング(リンク
   ⇒ranQ(リンク
 
6/6 18:44 │ コメント(0) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/isei07_15783


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 



 

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

誰が望んだ変化?
「師を見るな、師が見ているものを見よ」
現実の問題を捨象していることがストレス
「ストレス」はどこからくるのか?
「グローバルスタンダード」という屁理屈
ビジネスの面白さってなんだっけ?

http://www.edhardysu (dune jonhon)
http://www.pandorahe (thomaslist)
yanmaneee http://ww (yanmaneee)
yanmaneee http://ww (yanmaneee)
air jordan 1 argento bianco scarpe retr貌 neutro grigio argento m nike 5.0 air jordan 13 retro bianco azzurro scarpe basket uomo 829281 nike running
adidas originals zx 700 z猫bre adidas zx ef
Your opinion is good (zombs royale)
Your posts has very (my little pony games)
nike para caballeros mercurial vortex ii firm ground zapatos de f煤tbol cleat mango metallic plata
nike hypervenom phelon iii indoor zapatos de f煤tbol zapatos

2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年4月
2005年2月
2005年1月
2004年12月