116276 ・幼・少・青・壮・老 ・認識論 
代償充足は『劣化収束』の共通項では?
土山惣一郎 48 山口 デザイナー 06/05/26 PM08
 最近『関係型』も劣化収束の一種ではないかと考え始めています。例えばmsg:101806の『分かって欲しいという欠乏自体が誤魔化し』というのは卓見で、本源的な同化欠乏や役割欠乏から見れば「分かって欲しい」というのは明らかに代償欠乏です。『関係型』が得意とする‘おしゃべり’や‘ごまかし’も典型的な代償行為ですが、その能力(?)を磨く起点となった彼らの肥大した親和欠乏も、実は「分かって欲しい欠乏」に似た代償欠乏だと捉え直すと少し見方が変わってきます。

 私権時代とは、本源的な親和充足や役割充足が封鎖されているが故に、性闘争と私権獲得以外の領域はすべてが代償充足にずり落ちてしまう時代だったと総括できそうです。その中で『関係型』だけが一応私権闘争の勝者だったので、分析を誤ってきたように感じています。

 『自閉型』も『関係型』も『ダメ観念派』も『分かって欲しい派』も、私権時代の代償路線から脱却できないという共通項によって、すべて『劣化型』と総称してもいいように思います。
閉じる