131674 ・猿と人類 ・国家時代 ・市場時代 
父系集団チンパンジーと略奪部族の同類殺しA
北村浩司 壮年 滋賀 広報 06/09/22 PM08
ところで、遊牧民族たちは(後の私権時代人も)人類史上初めて父系に転換する。そして彼らが最初の略奪闘争(戦争)の引き金を引いたとされている。弓矢の発明による外圧の低下及び出身氏族がバラバラの女達の集団収束力の低さという二つの理由によって彼らの集団は度々規範破りを犯すものが登場したと考えられる。
チンパンジー同様彼らは集団秩序を破壊するものに対して強い制裁を課す必要に迫られた筈である。実際略奪部族は婚姻規範を破ったものに対しては処刑という強い処罰を課している事例が多い。そのような内部の制裁共認を土台にして、仲間を傷つけた敵に対する制裁=敵である同類殺しと略奪が成立したのではないだろうか。
つまり大きく見て人類は自然外圧の克服と父系制への転換によって、旧いチンパンジーの習性=共認内容に逆戻りしたことになる
(逆にいえばこのことは、人類は外圧条件⇒共認内容次第では、「戦争を無くすこと」が可能となることも暗示している)
閉じる