164296 ・男と女・性・婚姻 ・仕事・起業・共同体 
逆境に立たされたとき“いい男”かどうかが試される
末廣大地 27 建築士 07/10/28 PM00
 と最近つくづく感じる。
仕事における逆境とは、とりわけトラブルや、難課題に直面したときだ。

 いわゆる“いい男”は課題だけを見据えて、それを突破するにはどうするのか、というところに全精力を集中させる。

 それに対してそうじゃない男は、「いかにして自分の課題を減らすか」「自分に責任が来ないようにごまかすか」とどんどん課題から逃避する方向で物事を考えようとする。その結果、自分だけでなく周りも疲弊させる。

 この差は、歴然として成果に現れる。

 現在、課題はどんどんと高度化し、トラブルやクレームという臨戦的課題も増えている。“いい男”の試され時だ。
閉じる