66576 ・社会統合 ・市場時代 
私権規範・制度はガタガタなのに、保守回帰していくのはなんでだろう?
山澤貴志 38 鹿児島 ITコンサル 04/01/05 PM05
>相手に踏み込まず、あたりさわりなく接する。期待するより、とりあえず応望しといた方が無難。

この‘ブナン志向’対人関係だけに限らず、いろんな場面でいえそうですね。非常にマジメに授業に通う学生msg:66043が増え、彼氏彼女という観念だけは絶対化した女の子たちmsg:65044が増え、資格勉強に熱心でmsg:64403就職先は何故か教師・公務員が人気msg:64973・・・。なんかことごとく変革ではなく既存の制度にからめとられていっているという印象。そういえば、自民党をぶっ壊せだったはずの小泉政権も結局、改革?は道路と郵政の自由化だけで、それ以外はとことん現状維持=ブナン。(かつそれが支持され続けている不思議)

私権規範・制度はガタガタなのに、(私権規範・制度へと)保守回帰していっているのはなんでだろう?という疑問が沸いてくる。

>共認不全も統合不全も間違いなく実在する。しかし、それらの課題に応えるべき観念機能が、大学とメディアによる共認支配=観念支配によって機能不全に陥り、全く答えを出せないとしたら、不全⇒解脱回路が危機と課題を捨象して解脱収束するのは必然である。そして、危機と課題を捨象すれば、適応本能が充足や安定や調和に収束するのも必然である。その結果、ますます不全が増大し、しかも不全が増大すればするほどますます安定・調和・統合を求めて、形骸化した支配観念に表層収束することになる。こうして人類は、出口のない(滅亡を待つしかない)袋小路に閉じ込められて終った。msg:18422前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象

不全が増せば増すほど共認動物たる人間は、適応本能から安定・調和・統合を求めるようになる。そして原猿よろしく、みんなどう思ってるの?とまわりを見渡し、みんなを羅針盤にしようとする。そして

>頭を使いたくない=あまり頭を使っていない=旧観念に染まっていない若者や女性は、「仲間共認」さらには「みんな共認」を羅針盤に、生きています(安心を得ています)。

ことになる。しかし、結局思考停止しているから現状の「共認内容」を羅針盤にするしかなく、それはことごとく旧規範=「旧みんな共認」へと収束していく。

「仲間共認→みんな共認を羅針盤に生き、安心を得る」収束構造は、そこに新認識が与えられれば大きな変革の渦を生み出せる可能性があるのだけれど、それなしにはことごとく私権規範・制度へとからめとられてしまう欠陥=滅亡構造でもある。

なんでやは「みんなどう思っているか」を知りうる場であるが、「自分から仲間へ」「身内からみんな」へを語るだけでは変革の渦を巻き起こすことなく、ブナンな日常へと吸収されてしまいかねない。
だから露店でも新認識の必要→マスコミや学校に変わる新しい共認形成の場を広めていくことを伝えることが決定的に重要となる。

保守回帰に流れるブナンな世間に風穴を開けられるか、ここがなんでやの試金石といっていいのではないだろうか。
閉じる