74729 ・社会統合 ・幼・少・青・壮・老 ・男と女・性・婚姻 ・仕事・起業・共同体 
謝罪と感謝の方法
岡田理恵 31 大阪 受付 04/07/10 PM06
確かに謝罪や感謝の気持ちを持つことは、すごくすごく重要な事だと思います。できたらいいなぁとは思うけど、まず、どうやって、何に対して謝罪や感謝をしたらいいかわかりませんでした。
でも、
>男と女というのは本来、騙し合ったり、いがみ合ったりする為ではなく、互いに充たし合うためにある。(msg:73309)

根本規範に照らし合わせると、謝罪や感謝もしやすいと思いました。
男と女もだけど、それだけじゃなくて、そもそも誰とでも充たし合うために、自分もみんなも存在してるんだと思いました。
なのに、そんな事をすっかり忘れ果て、今まで否定や捨象してしまってた人は結構いてました・・・。しかもあまり罪の意識すら感じずに・・・。根本規範に基づいてみると、充足を妨げ、罪を罪として意識してなかった事だけでも、まず最大の罪なんだと言う事にやっと気づきました。気づいてしまうと、今までみたいに、だってみんなそうだったとか、でも向こうの方が悪いとか言うたぐいの、だって〜とかでも〜みたいな言い訳が全くでてくる余地がなくなりました。ただただ、ひたすらもうしわけない・・

根本規範に照らし合わせるともうしわけないだけじゃなくて、充たし合った人達が、共認充足をしてくれるたくさんの人達が、今まで以上にとてもありがたい存在になってきました。
みんなの期待や反応充足に包まれて・・・ありがたいなぁ・・うれしいなぁ・・・もうしわけないなぁ・・・が一杯一杯でてくる。
こういうのを知ってしまうと、今までの自分自身の人生??周りの人達に、大した謝罪も感謝もできなくてとても損してたと思うし、これからは、出会ったたくさんの人達をもっともっと、更に更に肯定的に感じたいなぁーって思いました。
根本規範に照らし合わせてみるのって、いいなぁーって思いました。。

閉じる