開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 10248264


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


なんで屋カード工房
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
お役に立ちます☆

 「同化共認」が突破口 2

>様々な社会問題を突破するときに仲間が集まって対象の分析をスタート、換言すれば外圧共認に至る前段階で、仲間で対象を取り巻く状況≒圧力に同化を図ろうとしている。仲間が集うのは、期待応合の活力が同化を加速するから。

問題点の原因解明や方針を打ち出す場合、会議形式で突破口を見出す場合が多いが、参加者各人がそれぞれどう思うかを出し合い、方向性が打ち出されていく。結果的にはその対象を取り巻く状況、外圧が明らかになって=外圧共認がなされて原因解明や方針が打ち出される。外圧共認に至らない場合の多くは、的確な原因分析や方針になっていない場合が多い。

であるならば、参加者全員が対象を取り巻く状況、外圧の把握=対象への同化からスタートすることを共認することが重要であると考えます。

>対象を取り巻く状況≒圧力分析共認、即ち、同化共認が形成されて、原因追究が始まり外圧共認⇒課題共認⇒役割共認⇒規範共認⇒(行動)⇒評価共認に至る。

>「同化共認」が共認原理社会における様々な問題の突破口。

(対象を取り巻く状況、外圧の把握)同化共認の場からスタートすれば、課題が明確で即、事実追究に入ることが可能になる。あくまでも対象を取り巻く、状況≒圧力分析が主となるため、自分観念、旧観念、自我など全く入り込む余地がなくなる。

同化共認が形成された場においては、事実追究力が、これまでに習得した構造認識が主要な武器となり、かつ、仲間の期待応合の活力が共認・観念回路が滑らかに動き出し、新たな認識形成の場が構築されていく。
 
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_10636


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

<a href="リンク title="juicy couture"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="ugg boots clearance"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="ugg boots outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="nike air max 90"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="air jordan shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="air jordan retro"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="louboutin outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="louboutin shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kobe shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kobe basketball shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kobe shoe"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach bags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet store"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach bags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet store"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="ugg outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="ugg outlet sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="michael kors bags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="michael kors outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="michael kors outlet online"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach factorty online"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach factorty outlet online"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach factorty outlet store"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="ugg outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="ugg boots outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="ugg outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="ugg boots outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet store"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet store online"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kate spade bags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kate spade outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kate spade handbags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="cleveland jersey"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="cleveland indians jersey"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="belstaff outlaw jacket"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="soccer jerseys"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach factory outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach factory online"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet "><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kobe shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kobe basketball shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="kobe shoe"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet "><strong></strong></a>
<a href="リンク title="adidas shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="adidas shoes outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="air jordan shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="air jordan retro"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach bags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet store"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach bags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet store"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="air jordan shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="cheap jordan shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="cheap snapback hats"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="wholesale snapback hats"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="cheap oakley sunglasses outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="oakley sunglasses outlet clearance sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="oakley sunglasses outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="cheap oakley sunglasses outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="oakley sunglasses outlet clearance sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="oakley sunglasses outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="cheap oakley sunglasses outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="oakley sunglasses outlet clearance sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="oakley sunglasses outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="stephencurry shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="air jordan retro"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach bags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet store"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach bags"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="coach outlet store"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin outlet"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="christian louboutin sale"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="air jordan shoes"><strong></strong></a>
<a href="リンク title="cheap jordan shoes"><strong></strong></a>
リンク

 
Posted by リンク Most Fashionable 2021年1月11日 17:31
 

A Financial System is also a Type of Social System and plays a Crucial Role in the study of Economics.

 
Posted by https://articleoftheweek.com/ 2020年12月30日 3:10
 

なるほど!!!

なんかすごくわかった気がします。すごいなぁ。危うく特別視しそうになっちゃいました。

ドウイツシドウイツシドウイツシ・・・

一回トコトン話し合ってみることにします。
結果は何らかの形で発信します。

期待しててくださいよー。

 
Posted by 太田 2005年6月10日 20:17
 

太田さん コメントありがとうございます。

>共感の前に、「自分は違うんだ」という意識が先に立ってしまって、なかなかまとまらない。

ある時期、3年間ぐらい同様の「自分は違うんだ」という自我回路内で思考がループしてしまい非常に苦しみました。

「自分は違うんだ」
全ての人々は、顔も違えば考え方も違う。同じ人など存在しないのが現実。違うのは当たり前。にもかかわらず「自分は違うんだ」という思いが湧き出るのは、自分は他の人よりも優秀であるという自我が生起している状態にあるのではないかと思います。

自我が生起する根底には「逃避」があり、その「逃避」を正当化(ごまかす)するために「否定視」という形で表出してきます。

>いっぱい話し合ってるのに、前に進んでいる気がしないんですよね

自我が生起すると、同一視が出来ない、共感回路・共認回路が正常に作動しないため充足感が得られない。結果、「いっぱい話し合っているのに前に進んでいる気がしない」に繋がるのだと思います。


このような状態を脱する方法として実践したのが、自我の否定視を肯定視で中和させ、対象を真正面に捉えられるように「感トレ」を行ないました。
しかし、もっと意識的に行なったのが
「構造認識と課題追究が共認回路を再生させる」(リンク)です。

また、自我が生起しているかどうかは、意識しておけば自身で把握できるはずです、自我が生起した段階で、自我回路に引きずり込まれない前に、自我が生起しそうになった話題、課題を無理に同一視しようと思わないで、徹底的に追究してみる。追究することによって、自我の生起が抑えられ、答えまで一気に到達できなくても問題意識が固定化され、潜在思念が作動し始めます。


「自分は違うんだ」を百万遍唱えても何も変わらない。これが事実であり現実です。


参考にして頂ければ幸いです。

 
Posted by 加藤俊治 2005年6月10日 8:31
 

いつもコメントありがとうございます。初めておじゃまします。

最近僕達の露店や会議などで問題になってくるのが、各人の同化障害について。
議長や数人の仲間が話を進めていくのは大体どの会議でも同じだと思うんです。みんながしゃべれればそれが一番いいんだろうけど時間の限界もあるし。

で、そのときに大事なのが同化ですよね。それいいじゃん!っていう答えにみんなが同化していくこと。

もちろん全部に同化できないけど、その中の5%でも10%でも同化できれば少しづつ統合されていくはずですよね。

でも、なかなかそれができないんですよ。同化障害とでも言うべきか、共感の前に、「自分は違うんだ」という意識が先に立ってしまって、なかなかまとまらない。
そして「自分は違う」という気持ちをさらけ出せればいいんだけど、それすら期待封鎖によりだしてくれない。

いっぱい話し合ってるのに、前に進んでいる気がしないんですよね
こういう時ってどうしたらいいんですかね?

 
Posted by 太田 2005年6月9日 16:50
 

今日二発目。太田です。

いろんなブログをふらふらふらふらみてたら、ほんっっとにブログ増えましたねぇ。
全然気が付かなかった(^-^; あらためて周りが見えていなかったんだなぁと。

そしてブログの中身も雑多で面白い。
ガシガシ一つのテーマを追求しているものも.

 
さぁ、なんで屋をはじめようブログ再考【さぁ、なんで屋を始めよう!】 2005年6月9日 16:33

 

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

このような貴重な情報を共有していただきあ (Cricket Turf)
In case possible, as (Goa Escorts Service)
Wonderful site. Plen (Vivi)
There are many beaut (Call Girls in LAHORE)
For anyone who are i (Click Speed Test)
Hi! I’m at work surf (TOP3 &#53664;&#53664; &#54861;&#48372;)
Thanks on your marve (&#53664;&#45812;&#53664;&#45812;&#53664;&#53664;)
Its such as you lear (&#52852;&#51648;&#45432;&#44400;&#45800;)
I visit your blog re (&#52852;&#51648;&#45432;)
I have to show my re (&#52852;&#51648;&#45432;&#52964;&#48036;&#45768;&#54000; &#50728;&#52852;)

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月