開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 9422709


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 支配観念からの脱出

>多くの人々は、私権観念や近代観念に支配されている為、自分の私権第一、個人第一といった観念を強固に刻印されている。現実をその固定化された(他者)否定観念を通して見るため、現実が現実で無くなる。だから絶対に現実の問題に対する答えを導き出す事は出来ない。96534

>現在的にはそれを阻害しているのがマスコミであり旧観念という固定観念である。しかし事実さえ発信し拡げていければ後者は簡単に取り払う事ができる。96643

多くの人は、支配観念に染まっている事など気付いていない、否定視していることを気付いていない。まずは支配観念に毒されている事を深く認識することがスタートライン。そして常時そのことを意識して状況を、事実を捉えるよう心がける。


しかし、支配観念染まった頭では、いくら考えても状況や事実は見えてこない。なぜなら
>その上、いったん否定回路⇒感応観念に収束して終うと、そこから脱け出せなくなる。従って、例え頭で感応観念を否定して構造認識に向かったとしても、否定意識とプラス幻想という思考の動力源が同じなので、偏り誤った(=現実からズレた)、従って実現の役に立たない構造認識しか生み出せない。19060

状況や事実を捉えるには=そこから脱出するためには、認識仲間が集意創出された誰もが認める新しい認識や構造認識が必要。換言すれば、なんで屋露店、なんでや劇場、るいネットは不可欠であると言えるのではないでしょうか。
 
11/22 13:28 │ コメント(2) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_12810


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

tanoさん いつもありがとう。

支配観念は非常に厄介。ある意味では肉体化されていると言っても過言ではないと思っています。そのような支配観念から脱却するためには、日常的にというより、片時も支配観念に染まっていることを忘れてはならない。

逃げない、追究を続けること、現実を直視することだと思っています。

そう思っていても時々、支配観念が頭をもたげ活力が衰弱する時があります。しかし、最近はその活力DN期間が短く、深度も浅くなっていることは実感しています。さらに、その活力DNを逆に活力UPに転換する方法も見つかりそうです。

>心がけておきたい事は認識の獲得に近道はないという事。

その通りだと思います。

 
Posted by 加藤俊治 2005年9月1日 19:31
 

加藤さんのブログを見て日々すごく多くの刺激を受けています。今日はこんな事を考えてみました。

構造認識や新概念は触れたり知る事は簡単である。
しかしそれを拡げて使えるようになるのは難しい。
短くて3年、長くて数年、その間多くの勉強と耐力を要する。

使えるか否か、拡げられるか否かの唯一の道は認識に常に触れ続け、常に追求し続ける事である。
それを刺激し、叱咤し、励ましてくれるのが認識仲間の存在。
その仲間は身近な人に限らない。顔も声もまだ知らない「るいネット」や路上の中にもたくさんいる。

日々、時間があれば認識に触れようとする事。
そしてできれば、少しずつでも発信していこうとすること。そうしていくことが肉体化する事だと思う。
実現論を始め、るいネットもなんで屋露店も劇場もブログも全てその為の豊富なツールだ。

心がけておきたい事は認識の獲得に近道はないという事。

 
Posted by tano 2005年9月1日 0:06

 

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

Amazing Website, Kee (office.com/setup)
I am amazed by the w (Klaus Hargreeves Jacket)
Cool post I really l (Used Engines for Sale)
Compose as far as po (University Essay Writing Service)
Compose as far as po (University Essay Writing Service)
Thank you so much fo (Beth Dutton Blue Coat)
Genuinely, this arti (PKV Games)
I can set up my new (Agen BandarQQ)
Nice information, va (BandarQQ)
Dengan memanfaatkan (Poker99)

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月