開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 9422684


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 談合問題を考える

指名競争入札、国交省が原則廃止 橋梁談合受け防止策   2005年10月08日(asahi.comより)
>国土交通省は同省発注の公共工事について、通常の指名競争入札を14日から原則として取りやめる。橋梁(きょうりょう)談合事件を受けた再発防止策の一環。戦後の公共工事の入札の原則とされ、数々の談合の舞台となった方式が、最大の発注官庁の工事からほぼ消えることになる。
災害復旧のような緊急の工事や、特殊技術が必要な工事など一部を除き、ほとんどが対象となるとみられる。
同省は現在、予定価格1億円未満の工事の入札について、業者側の受注意欲の有無に関係なく、国側の裁量で10社程度を指名する指名競争方式を採用している。
14日以降に手続きを始める入札は、十数社から20社程度の業者に受注希望を聞き、入札したい業者がすべて参加する「工事希望型指名競争入札」に切り替える。受注意欲のある業者ばかりを参加させることで入札の「本気度」を高め、談合を防ぐのがねらい。
国の公共工事の入札方式は、戦後長く指名競争入札が原則だったが、ゼネコン汚職を機に94年度から改革が始まった。来年度以降は2億円以上が一般競争入札、2億円未満は「工事希望型」になる。


指名競争入札から工事希望型指名競争入札に切り替えることで、何故、談合がなくなるのか、不明だが・・・・・一旦、そのことはさておき談合問題について考えてみました。

一般的な談合問題として言われているのが、談合により価格競争がなくなり、不当に高い金額で発注しなければならなくなるのではという問題。

本当に不当に高い金額ならば官が発注しなければ良いだけなのに何故発注している?

実際は、官の方で適正と思われる工事費を算出しており、その適正な価格を下回る入札価格であれば落札となる。

では、何が問題か。問題としているのは、談合がなければ、施工者同士が競争し、官が算出した適切な価格よりも下回るだけでなく、さらに低価格になる筈、そうならないのは談合があるからという論理。

しかし、それでは安ければ安いほど良いかというと、品質が確保できなくなるぐらいまで安くなるのは困る。だから過去には最低制限価格(これ以上下げると品質が確保できないであろうと思われる金額)を設定。しかし、この金額が官製談合の源(施工者に流す)になるということで取りやめられた経緯有。同時に、適正な価格と最低制限価格の関係がはっきりしないという問題もあるように思います。(最低制限価格が施工者が潰れない最低限の利益確保と最低限の品質を確保できる費用だとしたら、適切な価格とは何、ということになる)

施工者の競争があれば、適切な価格をどの程度下回れば談合をしていないと判断できるのか。95%なのか88%なのか。80%なのか。
価格の問題だけなのか、談合しても低価格なら問題はないのか。
そもそも談合は悪なのかといった疑問さえ出てくる。

このような視点からは談合問題といわれている課題は解けそうにない。そもそも入札と何なのか?

品質の確保は既に前提条件としてあり、競争入札で最低札を入れた施工者を選定するシステム。これは
施工者選定の1手法にしか過ぎない。金が第一の私権時代のシステム。

現実には品質の確保と価格は連動している。適正な価格を前提とし、品質の確保や周辺環境への配慮(騒音、埃、振動等の軽減)、安全性確保等の提案(創造)競争にすればよいのではないか。

「必要か否か」の判断で必要な物は作れば良い、適正な価格で。みんなが期待できる中身を競争する。中身の競争は評価競争になるため非常に談合はしにくくなる。そのほうが施工者にとっても、官にとっても、国民にとってもプラス。

談合は悪かどうかは別にして、現在、談合問題といわれている社会問題を突破する鍵は、「私権・価格競争から評価・創造競争へ」ではないでしょうか。

ブログランキング リンク
投稿内容がよければプッシュお願いします。
 
8/18 7:47 │ コメント(1) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_13688


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

 
Posted by zzyytt 2019年1月4日 17:20

 

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

Amazing Website, Kee (office.com/setup)
I am amazed by the w (Klaus Hargreeves Jacket)
Cool post I really l (Used Engines for Sale)
Compose as far as po (University Essay Writing Service)
Compose as far as po (University Essay Writing Service)
Thank you so much fo (Beth Dutton Blue Coat)
Genuinely, this arti (PKV Games)
I can set up my new (Agen BandarQQ)
Nice information, va (BandarQQ)
Dengan memanfaatkan (Poker99)

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月