開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 9397785


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 子供の体力低下って、何が問題

10月10日付・読売社説(1)  [体育の日]「子どもをスポーツに連れてって」より

>休日。ゴルフに出かけようというお父さん、「きょうはドライブ」というご家族にも、ぜひ知っておいていただきたい。
 子どもの体力や運動能力が長期低落傾向にあり、「子どもは大人の『被害者』だ」と指摘する専門家すらいる、ということを。 恒例の「体力・運動能力調査」の結果が、文部科学省から公表された。

>20歳以上の成人の体力・運動能力は、長期的には「緩やかな向上傾向か、横ばい傾向」にある。30年前と比べ、敏捷(びんしょう)性を測る「反復横とび」では明らかな向上が見られた。「握力」も、女性は横ばいだが男性は緩やかな向上傾向にある。

>「健康のために運動する」ことの意義が、中高年層に理解され始めた。余暇を利用するなどし、実際に体を動かすようになった。その効果が表れ出したのではないか。調査に当たった青木純一郎・順天堂大副学長の分析だ。
国が2000年に策定した「スポーツ振興基本計画」も、できるだけ早期に、成人の2人に1人が週1回以上スポーツを楽しめるような「生涯スポーツ社会」の実現を目指している。

>心配なのは子どもたちだ。50メートル走、立ち幅とび、ソフトボール投げ、握力などは1980年代半ばをピークに低下傾向が続いている。とりわけ小学校低学年は低落の度合いが大きい。立ち幅とびでは、ここ20年で記録が平均10センチ以上も落ちてしまい、昨年度、7歳児は男女とも過去最低値を記録した。

>「生まれた時から車に乗せてもらう生活が原因ではないか。子どもは親の『被害者』だ」と青木副学長は言う。体を動かす遊びが徐々に減っていることも原因に挙げられる。文科省は、生活習慣との関連についても調査を始めている。

>大人と子どもが一緒にスポーツをする環境づくりが必要だろう。国内には約2100の「総合型地域スポーツクラブ」がある。学校体育館、地域のスポーツセンターなどを利用して、住民が自主的・主体的に運営する。子どもから大人まで、様々なスポーツを、それぞれのレベルに合わせて楽しむことができる。

>福島県の「NPO法人双葉ふれあいクラブ」は、日常的にスポーツを楽しむ21のサークルと、競技志向の九つのスクールを持ち、会員は700人を超す。学校や仕事からの帰り、休日などに地域住民が気軽に訪れ、いつも会場は盛況だ。だが、全国的には、どれほど地域クラブが住民に認知されているだろう。「知らない」のでは、出かけようがない。
 体育の日。のびのび体を動かせる所へ子どもを連れて行ってはどうだろう。


この社説は、子供の体力の低下を気にしているようだが、わかったようでわからない。体力の低下を問題にしているのはわかるのだが、体力の低下がどのような問題に繋がっているのかが明確になっていない。体力の低下=問題であるという価値観念だけが前面に出て、本質が見えてこない。

このような状態で打ち出される方針は、必ず対処方針になり「「総合型地域スポーツクラブ」だとか「のびのび体を動かせる所へ子どもを連れて行ってはどうだろう」というところに結びついてしまい、結果、「子どもは親の『被害者』だ」といった訳のわからない結論に至ってしまう。

子供の体力の低下は何が問題なのか。狩猟生産時代並みの体力を確保しようとしているのか、すべての子供をオリンピック選手並みの体力をつけようとしているのか、と考えるとそうでもなさそう。

体力の低下の原因は何か。当然のことではあるが、屋外で遊ぶことを妨げる要因が原因である筈である。

考えられる原因は、親和欠陥、子供集団の崩壊(大家族、近隣、親族)と解脱箱(テレビ、ゲーム)等による擬似闘争の減少というところに行き着きのでは。

そのように考えると、子供の体力低下の問題の本質は、「仲間との共認形成の問題」といえるのではないでしょうか。


ブログランキング リンク
投稿内容がよければプッシュお願いします。
 
4/4 15:49 │ コメント(3) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_13730


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

wwweリンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
wwwe

 
Posted by wwwe 2019年1月11日 14:11
 

リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

 
Posted by zzyytt 2019年1月4日 17:20
 

」といえるのではないでしょうか。

 
Posted by Replica Rolex UK 2013年3月16日 11:51

 

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

If you are an owner (Sofia Catalina)
https://www.controly (vapepackagingboxes.com)
http://www.google.co (U Ganda)
http://www.google.co (U Ganda)
Thank you :) (Millie David)
http://www.cheap2019jordanshoes.com/jordan-shoes-9-c-5.html
http://www.classicairjordanshoes.com/hardcover-jordan-shoes-c-21.html
http://www.cheap2019jordanshoes.com/jordan-shoes-10-c-4.html
http://www.cheaprealairjordans.com/new-jordan-shoes-for-women-c-66.html
http://www.originaljordanshoes.com/air-jordan-cdp-pack-c-63.html

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月