開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 9134345


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 アメリカの推進する資本主義を推し進めていくと

○アメリカの平均的工場労働者と経営者との賃金格差
1960年:41倍
1970年:79倍
1980年:42倍
1990年:85倍
1992年:157倍
1995年:141倍
1996年:209倍
1997年:326倍
*出典:ビジネスウィーク誌経営者の給与に関する年次調査
* 経営者:平均的COE(最高経営責任者)

○アメリカ人家庭の年収に占める借金の割合
1949年:29.5%
1967年:59.1%
1973年:57.5%
1979年:63.3%
1989年:75.8%
1997年:84.8%
*出典:経済政策研究所エドワード・ウォルフ著
    「working america 1998-1999」

○アメリカ人家庭の富の格差
富の階級     賞味資産の分配割合(1997年推定)
最上位1%     40.1%
次の4%      21.9%
次の5%      11.2%
次の10%     11.4%
次の20%     10.7%
中位20%     4.4%
最下位40%    0.5%
*出典:1998 消費者金融に関する連邦準備金調査

アメリカの言う資本主義を押し進めて行くとどうなるのか、答えはアメリカ国内にありました。



ブログランキング リンク
投稿内容がよければプッシュお願いします。
 
7/30 17:23 │ コメント(1) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_14809


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

Summit meetings like next week's G-20 in Cannes are something of a mixed bag for world leaders. Conventional wisdom holds that summits are politicians' cat nip--a chance to bask in their status and commiserate with peers. Of course there are also substantive policy matters on the docket, and the challenge of producing results worthy of all the fuss.

 
Posted by Nike Free 2011年12月14日 18:07

 

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

That we call a real (Albert smith)
kasm?r kend? 70x70 cm gardr?b gal茅ria savaria online
盲tbart glitter cerise
columbia d?msk茅 zimn? boty
werner ???慰????? ??未?位?
????? ??? ?罠??
???? ??住? ????讙 ??抓 2018
acheter la collection compl猫te de basket nike huarache femme
vestido bodycon de poli茅ster con escote redondo con manga
https://www.lalamira.com/f/short-dress-women-peplum

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月