開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 9371694


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 みんなの潜在意識化にある不全を顕在化させる

知りたいこと=みんなが知りたいこと=答えたいこと=社会の役に立つこと⇒「大人も若者も同じ」、「共認充足と共に広がって行く」。

現在の収束不全=どの問題に関しても、どこからも答えが提示できい状況の中で、みんなが期待すること=みんなが知りたいことは、山積している。そのような状態が捉えることが出来れば、みんなが供給者に変わっていける筈。

みんなの潜在意識化にある不全を顕在化させることが「大人は、若者に何を答えてやれるか」の一つの答えではないかと思う。
 
9/4 3:43 │ コメント(0) │ トラックバック(1)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_16889


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

 
 
 
このカードは一番カードデモに使うカード日本語の"おもう"は「面う」→「想う」→「思う」と変化してきたわけだが、現在、最もよく使う「思う」は、"田"→頭を上から見た形と"心"で作られている(*田=脳の右下の部分が語源になっている。"田んぼ...

 
カードデモ13〜想うって相手の心と書く〜【なんで屋@滋賀】 2006年3月3日 0:55

 

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

Microsoft Office or (Office.com/setup)
Garmin is an industr (Garmin.com/express)
Hulu Login is your k (Hulu Login)
AOL is a reputed Ema (AOL Download)
Students are welcome (Michale Morris)
I want you to thank (bubble shooter)
Thank you for sharin (fireboy and watergirl)
<div class="mod" lan (Josh Seo)
Hey guys! Want to sa (Cheap-Papers)
http://www.kate-spad (Coach Shoulder Outlet)

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月