開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 8668867


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 RE:改めて「何故闘えないか?」を考えていく必要がある。 その2

「みんなが作り出す事実追究の場」を構築するためには、みんな(より多くの人々の目に触れる必要がある))の前に各自の思いや疑問、問題意識等を開け出せるかどうかにかかっている。

旧観念漬けの否定視や序列意識、劣化収束は、少人数であればあるほど表出する。みんない開け出す事によって、これらが封印される。

>旧観念漬けの状態では、一人では劣化収束する可能性が高い。人も外圧適応態。みんなが作り出す事実追究の場の構築が、闘争規範を作り出し、男が男たる闘争存在に転換できる。
 
7/30 6:01 │ コメント(1) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_17055


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

トリーバーチ シューズ リンク
トリーバーチ 靴 リンク
トリーバーチ サンダル リンク

 
Posted by トリーバーチ 靴 2012年3月13日 21:49

 

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

Potholes can wreck a (how to fix bent rim on car)
Are you in need of N (Nursing Writing Services)
I think your article (Fmovies)
hva skjer n氓r vi elsker fordi vi kan og ikke m氓
d?mske tri?k? s dlh媒m ruk?vom 4 570 k煤skov
???? ????? 讙 ??? longline ????? ???? 讙??????? ???爪?? ?????
wenjie ?? ??? ?住?? ????? ??? ?住?? ?????? ????? ????? ???讚?
???????┿????????????冦?
Hey, your article is (Assignment Help)
nice one... love it (Download Music Mp3)

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月