開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 9134571


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 談合問題の本質は?

[談合防止]「課徴金減免制度が機能した」 (2006年3月31日 読売新聞)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
談合防止の切り札になりうることが早くも実証された。 改正独占禁止法の施行で今年1月に導入された「課徴金減免制度」のことだ。
 
公正取引委員会が、国などの発注する水門建設工事で談合が繰り返されていたとして、三菱重工業、石川島播磨重工業などを含むメーカー三十数社を立ち入り検査した。 さらに、旧首都高速道路公団や国が発注したトンネル換気設備工事の入札でも談合疑惑が浮上し、公取委が摘発に乗り出した。

相次ぐ摘発のきっかけは、いずれも課徴金減免制度を使い、談合に加わっていた企業が公取委に「自首」してきたためとされる。 この制度の特徴は、談合に加わった企業が、公取委に自主的に談合の事実を申告すれば、科せられるはずの課徴金が減免されることである。
 
欧米で、カルテルなどの企業犯罪の摘発に成果を上げている仕組みを導入したものだ。共犯者に関する情報を提供する代わりに、自分の罪を減免してもらう司法取引に似た内容である。談合仲間からの裏切りを勧めるような制度は、日本の企業風土になじまないとして、経済界は導入に反対だった。だが運用早々、立派に機能したようだ。高をくくって談合に加わってきた企業にとっては、大変なショックだろう。いつ仲間が公取委に駆け込むか、わからない状況が生まれたからだ。
 
こうなると、談合企業の経営トップの責任は重大だ。談合に加わって経済的、社会的に高いリスクを冒すより、すっぱり足を洗い、順法意識を高めることが、会社を救う道であると自覚すべきだ。

改正独禁法では、違反企業への課徴金の算定基準が大幅に引き上げられた。大企業の場合、以前は対象商品やサービスの売り上げの6%だったが、10%となった。再犯企業には15%が適用される。 こうした課徴金の引き上げをムチとするなら、減免制度は、いわば談合から足抜きを促すためのアメだ。アメとムチを組み合わせた談合対策が、根強い“談合文化”を揺るがし始めたと言える。

談合が常態化してきた建設業界では、スーパーゼネコンと呼ばれる大手5社が「脱談合」を申し合わせたという。ゼネコン各社は過去、何度も談合からの決別を宣言しながら、約束を破ってきた前例がある。だが、業界首脳は「今度こそ本物だ」と語っている。業界を問わず、談合が割に合わず、税金を無駄遣いする許されない犯罪だとする認識を定着させるべきだ。
                             引用以上
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

談合を無くすために、垂れ込みと罰則を強化する。これで本当に問題は解決するのだろうか。談合問題の本質はどこにあるのだろうか。

自由競争に比べて高値受注が出来ることが問題か。極論だが、国が適正価格を設定してくじ引きで決めればよい。そうすれば談合は無くなる。

ある程度の技術力があれば指名に入れる。指名に入れば談合でいずれ受注が回ってくる。であるならば、より以上の技術獲得に向かわない。技術力の上昇しないところには評価が集まらない。結果、活力が衰弱し始める。

談合問題の本質は、仕事活力が上昇しないところにあるのではないのだろうか。
 
4/5 10:12 │ コメント(0) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_17295


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 



 

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

That we call a real (Albert smith)
kasm?r kend? 70x70 cm gardr?b gal茅ria savaria online
盲tbart glitter cerise
columbia d?msk茅 zimn? boty
werner ???慰????? ??未?位?
????? ??? ?罠??
???? ??住? ????讙 ??抓 2018
acheter la collection compl猫te de basket nike huarache femme
vestido bodycon de poli茅ster con escote redondo con manga
https://www.lalamira.com/f/short-dress-women-peplum

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月