開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 8942172


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 RE:若者がいつも自信がないのはなんで?

まず考えられるのは、成功体験=充足体験がないということではないでしょうか。闘争存在たる男は闘争過程の中で成功体験=充足体験を積み重ねる。その積み重ねが自信に繋がっていくと考えられます。だとすれば闘争体験がないもしくは少ないということになります。

では何故、闘争体験が少ないのでしょうか。

一つ目は、貧困の圧力が衰弱=生存圧力の衰弱=肉体を直撃する圧力の衰弱で、若者は私権闘争を体験していないという点と、さらに現在の外圧は観念機能でなければ外圧が捉えられない。

観念機能が正常に作動していない可能性があります。
観念機能が正常に働かない要因として、一つは旧観念の存在が有りますが、高齢者ほど若者は旧観念に縛られていないため、旧観念は比較的影響度は低いと思われます。次に考えられるのは、観念機能で外圧を捉えようとすれば、構造認識が必要不可欠になりますが、その構造認識を持ち合わせていないと言う問題があります。

現在の若者の特徴である期待封鎖の問題が、さらに話をややこしくしている。共認形成を図る為には、期待応望関係が成立しなければなりませんが、期待封鎖はその共認形成を著しく阻害している可能性が高い。共忍形成力が弱いということは、状況・外圧・課題・役割・規範・評価共認もそれと伴い弱いということを意味しており、闘争活力が弱く、最終的に得られる共認充足も弱いということを意味しています。

若者は、闘争体験が少ないもしくは闘争体験があっても充足度が低いため「若者がいつも自信がないのはなんで?」状態になっているのではないでしょうか。
 
2/8 7:01 │ コメント(1) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_17435


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 


 

自信とは自分で作るものではないと思います。

周りの評価の結晶物だと思います。
現在、若者を中心に自信がもてないのは
評価軸がはっきりしていない事
さらには何に評価するかの課題共認がないこと

それらが自信がなんとなく持てないことの本質だと思います。

だから・・・・自信をつけるには
まずはなんであれ、課題共認が第一だと思うし
その後、評価共認→初めて自信になるのだと思います。

そして裏返せば自信とは周りの期待の結晶物でもあり、だから力になるのだと思います。

自信は自分を信じるではなく
自ずと信じられる事(この場合信じるのは自分ではなく周りです)

自信のない時は周りとの課題共認ができていない事の
シグナルです。
まずは周りとの課題共認がうまくでいているか
評価が良くても悪くても受け入れているか
それを再点検する事が必要だと思います。

 
Posted by tano 2006年4月22日 15:07

 

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

Thank you so much fo (geet full story)
Cool update more ple (latest naija hip hop music)
intersting update (Joshua)
traje de vestir ni帽o
Always thought post (Best Tree Felling Service)
safari d偶ungli party dekoracje baby shower party supplies
Thank you so much fo (Radha Krishna Dresses)
http://www.atlanticc (davess)
its all about seo (agustin lilly)
its all about seo (Kian Potts)

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月