開放空間「THE ROTEN」
活力を生み出す脱しがらみ空間
HOME 総アクセス数 8495868


加藤俊治
51営業大阪
この人にメールを送る
人気blogランキング

共認回路と自我回路
規範需要から理論需要へ?
対象への同化について
新概念って何?A
音読と共認回路
健康とは何?
新しい雌雄共認の場
ある母娘の話
子どもたちは大人たちといっしょに生きたい
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源

“ありがとう”で期待回路を再生する

転換のために

右vs左ではなく、国益派vs反国益派

書評紹介「日本一働きたい会社のつくりかた」

人類の共認・観念回路の発達段階


伊藤 中村 八代 斉藤さん 重複度 18%

ruriさん 重複度 15%

丸一浩さん 重複度 10%


お役に立ちます☆
なんでやRADIO
なんで屋<男塾>梅田
みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪
『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v
ま・ぐ・わ・い
ぐ〜チョコランタン☆
いい男・いい女 
☆たからばこ☆
充たしあう日々
☆Orange Station☆
サラリーマン活力再生
それって何?
女は太陽♪
なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)
日々感謝☆.。.:*・°☆.。.:*
路上日記@なんで屋
ほっとひと息
なんで屋カード工房

 抵抗勢力の駆逐か?

新しい医師研修医制度の導入され、大学病院が医師不足に陥り、連携病院から医師の引き剥がしを行ない、医師不足の状態に。結果、医局講座制が崩壊過程に。

一方、医療費の削減と医師会の診療所、慢性期病院、急性期病院の結束力の低下を狙い(?)病院ベット数の削減政策(療養病床38万床が15万床に)

医療界の閉鎖性の破壊と医療費削減が表の理由。裏では自由化を押し留める抵抗勢力の駆逐か?

今後、外国人看護師、医師導入が加速化や混合診療導入が加速されるのでは?
 
7/28 19:29 │ コメント(0) │ トラックバック(0)
 

この日記へのトラックバックURL

http://blog.rui.jp/sys/tb.php/the-roten_17772


この日記へのコメント
名前:
メール:
URL:
コメント:
画像: 画像ファイル
画像タイトル
表示位置: 左上  右上  左下  右下
 



 

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「勉強するのはなんで?」の裏にあるもの
消費税率の高い低いに騙されるな
新型インフルエンザにもマスコミや厚生労働省の共認操作
憲法改正って、何?
国家予算は240兆円
A級戦犯って何?
アメリカの正体は野合集団
遺棄化学兵器問題から何が見える
靖国問題から何が見えるか

視聴者よりも広告主
素人の追究力の凄さ
日本は「財政危機」ではない。政策危機である。
「本末転倒」
米牛肉輸入再開に垣間見える供給者優位の姿勢を貫くアメリカ
「好き嫌い」がイデオロギー化すると、事実が攻撃対象に

thanks for this, nic (download music)
Garmin Express is an (garmin express)
Webroot.com/safe is (Webroot.com/safe)
Magellan GPS UpdateT (magellan gps update)
online verk盲ufe neue mode frau pullover lange soild 枚ffnen stich dame v ausschnitt
pulseira feminina venta 2019 peque帽as pulseras de encanto de ojo malvado mujeres 925 cadena de oro
by mu帽oz bisuter?a moda ecol?gica artesanal hecha a
Your article is very (google street view)
spitzenhemd kleidung f眉r damen vergleichen und bestellen
?芯褌芯芯褌??褌 ?械?械? ? w hotel 芯褌械?? w st. petersburg ??械写邪

2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月